« 『あさこ 1 (1) (ヤングチャンピオンコミックス)』コミックレビュー | トップページ | 『桜沢るい/傑作選24&未公開シーン収録 (BD-R)』 »

2020年6月 5日 (金)

『ジェイソン先生とおいしい食卓 2 (ヤングチャンピオン烈コミックス)』コミックレビュー

ジェイソン先生とおいしい食卓
【著】龍牙翔
第二巻

主な登場人物
 赤坂 咲:ゴシップ記事メイン雑誌の記者。肉食系女子。
 すず姉:蛍の幼馴染のお姉ちゃん。既婚。
 千寿 桜花:漫画家志望の女子高生。ジェイソン先生を尊敬&ライバル視。
 
 実兄を亡くしたショックで突然の休載宣言をしてヒキこもり中の人気漫画家・ジェイソン先生。だが同居することに
なった担当編集・蛍の作るおいしいご飯と優しい人柄に触れ、次第に元気を取り戻し始める先生。そんな中、
ジェイソン先生をライバル視する有望な漫画家志望の女子高生・桜花や、蛍の初恋の女性・すず姉の存在が、先生と蛍の
生活に大きな影響を与えることに!?
 
 まずはゲームして遊ぶ蛍とジェイソン先生(本名:珠子)。
病み上がりなんだから無茶なプレイすんでないよ二人とも。
…完全に“異性”であることを意識しちゃった二人、顔が近い、心も…
すず姉は結婚したんじゃないのか?部屋で一人で何やってんだ。
 
 マンガ描けるようになってきた先生!
新人漫画家、千寿桜花。超絶自信家。
あのキスは事故なんだから、慰謝料で許してあげなさいよ、結婚しろぉぉおおお?????
事故でまた桜花を抱きしめちゃう蛍!
等と言う様子をSNSで見ちゃった先生!!
ヤキモチ焼く先生かわいい♡
…無闇矢鱈にSNSにアップするのやめましょね…
 
 肉食系というよりは…ガサツな女?
出版社の仕事忙しすぎて昼間からヤケ食いする咲。
でも有沢君には積極的に接触してくる女性です。
照れるホタル見て可愛い想ってんでしょね。
もっと照れる珠子、蛍自覚無し。
 
 桜花とSNSでやり取り。
大ファンの率直な言葉を聞いて、悲しみ混じりのやる気が湧いてきた先生。
この子は絵は上手だけどストーリー展開は拓真くん(故)の方が良かったっぽい。
読者目線で自分の作品を読み直す作者…
今夜はエビフライと魚肉ソーセージのフライ。
先生がやる気出した事に歓喜するのはわかりますが、抱きしめるな馬鹿野郎!
完全に…完全に、お兄ちゃんに似たお兄ちゃんではない人にドキドキしちゃう珠子…
 
 プロット、ネーム、作画、ネタ切れ、読み直し、アイデア思い付き、
漫画家を漫画にしている…
仕事に集中させるべく蛍はお弁当だけ作って自分のアパートで待機。
暇になってしまったことを苦しむ蛍、ワーカーホリック!?
蛍くんに甘えるすず姉。
ホントにモテすぎでしょ蛍、甘え上手なすず姉、甘やかし上手な咲、甘え下手な桜花。
たぶん亭主からの電話。
恐くて出られないすず…?
 
 …この離婚話はね、忠士とやらが悪いと思う。
浮気しているのは忠士の方なんだから。
そもそも最初から誰の事も好いていなかったすずは、舞い上がってよくわからないまま忠士と結婚。
結婚する前に、“結婚を前提としたお付き合い”をもう少ししてあげてればよかったんですよ彼は。
ついにマンガ描けたジェイソン先生!
報告を受け、先生のもとへ帰―――
れ…
…ない。
 
 だからいきなり結婚なんかしちゃ駄目だって桜花。
蛍を困らせまいとこれ以上は抱きしめないすず。
みんながみんなが蛍に甘ったれまくり!
マンガ描けるようになったら蛍がいなくなっちゃうことを心配する珠子…
 
 ジェイソン先生のもとを卒業した有沢。
咲、食い過ぎだよ…
家に帰れば子供のころ大好きだったすず姉が…
…先生は謎の蛍熊と一緒に仕事と飯の支度。
蛍がいないとオムライスが死ぬほど不味い先生…!
ネタバレになるのでここから先の感想はカット、まぁだいたい予想つくと思いますけど…
そりゃそーですよ、ガキの頃の初恋の少女なんかより今大切な人の方が大切なんですから。
年齢的に手ぇ出したらマズいですけど!
 
 YC烈にしてはお色気分が少ないでした。
強いて言うならいつまでたってもパンツをはかない先生…!?
以上で御座います、御閲覧頂きありがとうございました、気になる方はぜひクリックへ!

龍牙翔先生その他の作品はこちら。

 

|

« 『あさこ 1 (1) (ヤングチャンピオンコミックス)』コミックレビュー | トップページ | 『桜沢るい/傑作選24&未公開シーン収録 (BD-R)』 »

漫画・書籍・雑誌・写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『あさこ 1 (1) (ヤングチャンピオンコミックス)』コミックレビュー | トップページ | 『桜沢るい/傑作選24&未公開シーン収録 (BD-R)』 »