« 『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。第9話 防御特化と第四回イベント。』Amazon Prime Videoレビュー | トップページ | 『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。第11話 防御特化と強敵。』Amazon Prime Videoレビュー »

2020年6月15日 (月)

『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。第10話 防御特化と出撃。』Amazon Prime Videoレビュー

 人気のVRMMO「NewWorld Online」に超大型新人現る!?あらゆる攻撃を無効化し、致死毒スキルでモンスターも
プレイヤーも徹底蹂躙!異常な戦いぶりから「歩く要塞」とも「ラスボス」とも呼ばれるそのプレイヤーの正体は、
ただの美少女初心者だった!何を隠そうこのメイプルは、友人のサリーに勧められてゲームをスタートさせたばかり。
ゲーム知識に乏しく、ステータスポイントをVIT(防御力)に極振りしてしまい、最初はザコモンスターにすら
翻弄される始末だったが……。痛っ......くない!?モンスターにどつき回されてもダメージゼロ、さらには運良く
一撃必殺のカウンタースキルまで手に入れてしまう!ひと癖もふた癖もある仲間たちも加わり、ますます成長していく
メイプル。ノーダメージな大冒険が幕を開ける!

61h62ffga5l_sx268__20200506131301

第10話 防御特化と出撃。
 スキルや能力がバレる前に、先行逃げ切りを図るメイプルたち。少数精鋭での奇襲により、次々とオーブが集められる。
だがやはりギルド対抗戦、一筋縄ではいかない。カスミの前には『炎帝ノ国』のシンが、サリーの前には『集う聖剣』の
フレデリカが立ちはだかる。そして拠点を守るユイとマイたちにも、侵略者の影が近付いてくるのだった。
 
 騎士というよりは突撃兵なペイン!
あなた頭目でしょう!?ダメよ前線に出ちゃ。
やはりイケメン。
 
 まだイベント初日なのにかなり掻き集めた楓の木!
少数精鋭とはこのことだ。
…サリーは働き過ぎだと思う。
防衛に回ったら回ったで、いつまでもあんな洞窟にいたら気が滅入ると思う。
これわ持久戦です。
マイとユイ、“ザ・たっち”としか思えない。
 
 サリー、息切れてきた!
徹夜っ!!!!!
もう寝ろお前…
きゃあ~フレデリカさんによる襲撃ですっっっ!
クロムもメイプル同様に人間やめてるとかどーでも良い!
BGMが怖い…!
せっかく詐欺に成功したのに意味なし、多勢に無勢。
メイプル、出撃!!!!!
 
 主人公なのに敵を倒す絵面が地獄絵図。
見た目の派手さに惑わされちゃ駄目ですよ、ピンチなのは最強防衛網がいない、
マイとユイだけの『楓の木』本拠地なんですから。
あっちこっち戦ってるので防衛に戻れない!
『集う聖剣』NO.2ドレッドVS『楓の木』末席マイユイ姉妹!!
どー考えてもマイとユイに勝ち目無し。
オーブはなんとか守り切ったけど、事実上の敗戦です、切り札ほとんど見せちゃったんですから。
 
 なんかさっきっからいろんな人の髪の毛が変貌してるんすけど。
カスミちゃんが老婆に!?
マイちゃんユイちゃんは復活。
サリーが無茶するからだよ…
今後メイプルは防衛網ではなく突撃兵に。
サリー爆睡。
 
 もうまるでブ〇リー扱い♡
楓の木の中でもトップクラスにお子ちゃまなメイプルとマイとユイが亀に跨って空飛んで人殺し。
勢いに乗って『炎帝ノ国』へ!!!
炎帝ノ国の下っ端が「カメがこっちに飛んできます!」とか間抜けな悲鳴。声が裏返ってます!
ミザリー&マルクス、迎撃!
超セクシーボイスなミザリーと、超マイナス思考なマルクスです。
マイとユイ、「バンバビンババンバビンバ」つってるような気がする。
と言うかウォーハンマー二刀流って何よ?
ミィ後着!!
ミィVSメイプル!!!
『炎帝ノ国』VS『楓の木』!!!!
 
 第11話はまた後日、御閲覧頂きありがとうございましクァWセDRFTGYフジコLP;@:「」


 
 

|

« 『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。第9話 防御特化と第四回イベント。』Amazon Prime Videoレビュー | トップページ | 『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。第11話 防御特化と強敵。』Amazon Prime Videoレビュー »

AじゃないV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。第9話 防御特化と第四回イベント。』Amazon Prime Videoレビュー | トップページ | 『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。第11話 防御特化と強敵。』Amazon Prime Videoレビュー »