« 『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 第8話』Amazon Prime Videoレビュー | トップページ | 原チャリの夜移動がそろそろ寒い。 »

2019年10月18日 (金)

『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 第9話』Amazon Prime Videoレビュー

「Fate/Zero」において、征服王イスカンダルとともに第四次聖杯戦争を駆け抜けた少年ウェイバー・ベルベット。
時を経て少年はロード・エルメロイの名を受け継ぎ、「ロード・エルメロイⅡ世」として、魔術師たちの総本山・時計塔で
魔術と神秘に満ちた様々な事件に立ち向かう―――。原作・三田誠によって描かれる正統かつ至高の魔術ミステリーが
待望のアニメ化。人気エピソード「魔眼蒐集列車(レール・ツェッペリン)」と、そこへ至るアニメオリジナルエピソードで
構成される。これまで謎に包まれていたTYPE-MOON世界の根幹『魔術世界』を舞台に繰り広げられる、神秘と幻想、
魔術と謎の交錯する物語、開演。(C)三田誠・TYPE-MOON / LEMPC

第9話 魔眼蒐集列車 3/6 巫女と決意と腑海林(アインナッシュ)の仔

深手を負ったロード・エルメロイⅡ世に懸命な治療をおこなう中、グレイたちはマスターの姿が見えないサーヴァントの
存在に疑問を持つ。ロンドンで調査を進める獅子劫たちはジャンマリオ・スピネッラのもとを訪れ、7年前に起きた
連続殺人事件について尋ねる。休息も束の間、進路に異常が発生した魔眼蒐集列車(レール・ツェッペリン)は
死徒の森――腑海林(アインナッシュ)の仔へと突入する。ロード・エルメロイⅡ世の衰弱を案じるグレイは、列車を
動かすために行動するカラボーたちへの助力を決意する。さらに噂を聞いて魔眼蒐集列車へと駆け付けたメルヴィンも
その一行に加わるのだった。グレイへの協力を拒否し一人立てこもったオルガマリーは、
自室にて“あるもの”を発見する。(C)三田誠・TYPE-MOON / LEMPC

 オルガマリーによる推理。
バレちゃいました、魔眼を買うつもりも売るつもりも無く、盗まれたライダーのマントの破片を取り戻しに来たことが。
んでグロテスクな森に突入!アインツベルンとは何の関係も無いです。
すっげぇ吹雪。
脇役魔術師が焼き払おうとするも、“森”による反撃で返り討ち。
森に死徒が住んでいるんじゃ無いんです、森その物が死徒なんです!
またしても犠牲者が…
 ゾンビクッキング???
何やってんだルヴィア達…
七年前の連続殺人事件、飯食いながら調べる界離とルヴィアと、ジャンマリオ。
犠牲になったトリシャの名前が出てくる…
 こらメルヴィン、グレイを恐がらすな!
血ぃ吐きながら再登場、不健康なキャラです。
みんなで協力することに。
オークションの中止はもう良いんだが列車が動かないのではどーにもならない。
このくそ寒い森から脱出するために、先生守るために決意するグレイちゃん。
メルヴィンが後方支援で大活躍、なんと魔術回路を活性化、あいつそんな才能あったのか!
パワーアップしたグレイとイヴェット、神父と調律師とで雪の森を進軍!
 グレイVSヘファイスティオン、第2ラウンド!
回路活性化によりさっきより良い動き。
よく考えたらイスカンダルさん、二人に負けてんすよね。
一人は引き分け、勝ってるの一人だけ。
グレイがアーサーの似姿なら“もう一人のイスカンダル”などに負けはしない!
そんなドンパチやっとる間に森の霊脈はでっかい神父と吐血調律師と愛人志望が解決。
オルガさん何もやってないです…
 事件の真相のほんの一部を発見したオルガと化野。
なんとか帰還した三人、まだまだ戦い続けるグレイ…!

 ケイネスも馬鹿やらかしたモノだ、これほど優秀な弟子を見下すから
こんな形で弟子に超えられてしまうんだよ…
4/6はまた後日、御閲覧いただき有り難う御座いました、気になる方は是非クリックへ!

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿★『Fate/EXTRA Last Encore』★『喫茶ステラと死神の蝶』★『RIDDLE JOKER 在原七海 1/7 PVCフィギュア』

 

|

« 『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 第8話』Amazon Prime Videoレビュー | トップページ | 原チャリの夜移動がそろそろ寒い。 »

AじゃないV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 第8話』Amazon Prime Videoレビュー | トップページ | 原チャリの夜移動がそろそろ寒い。 »